ともしび

『ルター 世界の名著23』松田智雄 編

 詩篇講義

  あなたのみ言葉は、わが足のともしび、わが道の光です。(一一九・一〇五)

 これは驚くべき言葉である。なぜ、わたしの目のともしび、または視力の光と言わないのだろうか。いったい、足に光が与えられて道を見ることができるのだろうか。だが、ここでは、この世における信仰の特質が表現されているのだ。たしかに、目はキリストへの従順の中にとりことされるべきであって、人は、耳で聞かれるが目では見えないみ言葉のみによって導かれねばならないのである。なぜなら、われらは見えないものを信じるけれども、聞こえないものはこれを信じないからである。したがって、み言葉は目を照らさず、しかも耳を照らすこともしない。だが、それでもみ言葉はともしびである。なぜなら、それは足を導き、また信仰は知性ではなく心情を求めるからである。あなたが理解することではなく、むしろ欲することが必要であり、あなたが知ることではなく、むしろ聞くところを行なうことが必要なのである。このようにして、たとえあなたは見ないとしても、信じ、そして行動するなら、あなたは誤りに陥らないであろう。主のみ言葉は、あなたの足のともしび、あなたの道の光なのであるから、あなたは、ただ聞いて知ったところに従って静かに歩みなさい。あなたは、あなたの知らぬことをなし、あなたの理解しないことを行ない、どこに行くかを知らずしてみ言葉の導きに従って出てゆき、あなたの思いを捨てて愚か者となること以外には、何も求められていないのである。あなたが闇の中であなたの知らぬ道を案内者についてゆくとすれば、あなたは案内者に向かっていみじくもこう言うであろう。私は何も見ていないにもかかわらず、見ているかのように正しく歩むので、あなたはまさしく私の足の光であるけれども、私の目の光ではない、と。こういうわけで、神のみ言葉は、それが足もとと道を照らすので驚くべきものなのである。だが、文字の言葉や人間的な知恵はそうではない。なぜなら、文字の言葉は、それが語るところを理解させ、それ自身を目に対して光として示すので、信仰を空しくするからである。(p405)