裏切り者

渡部昇一の世界史最終講義』渡部昇一 髙山正之

 髙山 蔣介石はアジアが白人支配に抗して決起すべき時に、米国という白人側の強い者に巻かれて寝返った、一番の卑劣漢です。
 それにより白人国家陣営にシナが加わり、日本を叩きのめす対立構造の中で、先の大戦が起きました。(p81)