「バターン死の行進」は白人による嘘

『アジアの解放、本当は日本軍のお陰だった!』高山正之

 「死の行進」はどれほどの苦行だったのか。ジャーナリストの笹幸恵氏が実際にそのルートを歩いた顚末を『文藝春秋』(〇五年十二月号)に載せた。バターンを実際に歩いて、マッカーサーの言葉を検証してみたのが日本人では彼女が最初だったというのも驚きだが、彼女の語る実態にはもっと驚いた。
 全行程はたった約百二十キロ。うち半分は貨車輸送で、米兵はそれを四、五日掛かりで歩かせられたことにしている。笹氏は貨車輸送の区間も含めてその道を四日間で「それもやや風邪気味だったけれど」(前掲誌)ちゃんと歩き通して見せた。
 そう言えば西村知美だって日テレ24時間一〇〇キロマラソンをやってみせた。それに比べ米兵がそこまで華奢とはホントに信じられないというのが彼女のルポの読後感だった。
 そうしたら、飢餓と病気に苦しむ兵士に死の行進を強制されたという米軍戦車隊兵士レスター・テニーがこの記事に抗議してきた。
 抗議したテニーには〇九年五月、駐米大使の藤崎一郎が「元戦争捕虜には多大な損害と苦痛を与えたことを心からお詫びする」と謝罪、翌年の終戦記念日には彼らを政府招待で日本に招くという新聞報道があった。
 繰り返すが、バターンに食糧もなしで籠ったのは米軍、とくにマッカーサーの責任だ。飢餓も病気も日本軍の責任の外側にある。おまけにこの死の行進では日本側の主張とテニーらの言い分に大きな隔たりがあり、その隙間を埋めるような検証も行われていない。笹氏はその意味で初めて検証を試みたものだが、それを頭ごなしに否定するというのも異様ではないか。
 では日本の大使が謝罪したテニー氏の言う「死の行進」はどんなものだったのか。彼自身の『My hitch in hell』(我が地獄の兵役)から引用する。
 彼はバターンに撤退していくとき、黄色い日本兵とフィリピン人の区別がつかないという理由で途中の「家々に銃弾を撃ち込んだ」「一つの部落を皆殺しにした」。ベトナム・ソンミ村と同じことをやった。白人のフィリピン人殺戮は全く問題はないといっている。(p165)


習近平よ、「反日」は朝日を見倣え』高山正之

 「バターン死の行進」は白人による嘘

 マッカーサーは本当に臆病者だった。日本軍がリンガエン湾に上陸したと聞くとすぐマニラを捨て、バターン半島の先のコレヒドール島に逃げ込んだ。
 半島には幾重も防塁が備えられ、米軍の盾となるフィリピン軍が6万、米兵も1万ほど展開していた。
 日本側は大きな犠牲を払って昭和17年4月、ここを落とした。米比軍はほとんど無傷だった。ただマッカーサーの無策で医薬や糧食が欠乏し、かなりへばっていた。
 戦車隊員レスター・テニーはドル札の焼却を命ぜられたが、勿体ないから木の洞に隠した。部隊のトラックも「ジャップに鹵獲されるのが癪でぶっ壊した」と自伝に書いている。
 そういうケチな根性をしていたから、半島からはるか先の収容所へ移動する段になってさあ困った。
 トラックを残した部隊はそれに乗っていけたが、テニーたちは歩きになった。
 日本軍は衰弱気味の米兵のために途中何か所もの救護所を置いてめんどうをみた。さらに朝昼晩にはお握りも与えた。1日につき21万個もだ。
 フィリピン兵はコメの飯に感激したが、米兵は「パンを出せ」と文句を言った。
 結局1日目は16キロ先で野営。翌日は20キロ先のバランガで休んだ。ここでは地元民が食べ物を手に米軍に徴用された身内の安否を尋ねてくる。何人かはその人波に紛れて逃げた。
 先日、その道をたどった。ガイドの女性は「大叔父もこの道を歩んだ一人で、疲れて道端で寝ていたら日本兵も見逃してくれて逃げられた」と話していた。
 日本軍はフィリピン人と戦争したつもりはない。彼らが逃げてくれれば食い扶持も助かる。
 南京攻略戦のあと俘虜になった徴用農民兵もそれで逃がしてやっている。
 比島戦のさなか、インドネシアを制圧した今村均中将はオランダ人の盾にされたインドネシア人兵士に塩を持たせて「家族に届けてこい」と放した。
 誰も戻らないと思ったら、ほとんど戻ってきた。それを見た中将は彼らの軍隊ペタを作ってやる気になったという。
 いずれにせよ日本は悪い白人とのみ戦った。
 行軍は4日目にサンフェルナンド駅に着き、貨車で収容所に運ばれた。
 溝口郁夫『絵具と戦争』には行軍の途中、捕虜の士官に紅茶が振る舞われる写真や海水浴を楽しむ米兵の姿が記録されている。
 安倍首相が米議会で演説する前に「バターン死の行進」保存団体から両院議長宛てに「飢餓状態の捕虜たちには水も食料も与えられなかった」「少しでも休めば殴られ、銃剣で刺された。射殺される者もいた」と抗議し、「安倍にバターン問題を謝罪させるべきだ」(ロイター電)とする書簡が届けられた。
 彼らが飢え、病にかかったのは目の前の部下の窮乏にも手当てしなかったマッカーサーのせいだ。
 それでも日本軍は1日当たり21万個ものお握りを握って配ってやった。
 マッカーサーはそれに感謝するどころか、独りメルボルンに逃げたあと、この「死の行進」の与太話を創作して世界に振り撒いた。
 彼の嘘に乗ってテニーも「日本人士官は馬上から捕虜の首を刎ねた」とか嘘に嘘を重ねた。民主党岡田克也は彼を日本に招き、揉み手して謝罪している。
 今回は外務省が愚かにも彼を日本大使館の晩餐会リストに入れ、まるで彼の主張が正しいかのような印象さえ与えた。彼をリストに入れた外務官僚は即刻クビにすべきだ。
 ところでこのバターン攻略戦のように、自軍の何倍もの「食わせなければならない捕虜」が出たときに白人国はどうしたか。
 例えば終戦時、各戦場では数十万の降伏日本兵が出たが、狡い白人はこれをPOW(捕虜)と呼ばず、JSP(降伏日本人将兵)とか名付けて糧食の提供すらしなかった。
 ために日本兵たちは仏印カプ・サン・ジャックなどに自分たちで収容所を建て、畑をつくったりして自活してしのいだ。
 日本人の親切心はいつも裏切られる。(p197)


『日本よ、カダフィ大佐に学べ』高山正之

 それが嘘とバレると次にローラ・ヒレンブランドの『Unbroken』を持ち出してきた。
 ニューヨーク・タイムズ・ベストセラーリストで六週連続トップとなった本の内容は日本兵の米国人捕虜虐待の告発だ。
 ハイライトは日本兵が「ベルトを鞭のようにしならせバックルで捕虜の顔を殴り気絶させる」シーン。
 実在の人物の体験と称するが、日本兵の軍袴(ズボン)は紐で締める。戦闘時にはベルトをするが、それもズック製でバックルは針金みたいなものだ。鞭のようにはしならない。
 嘘くさい捕虜生活は日本の降伏で終る。
 解放された捕虜は列車で広島を通る。十四万人が焼き殺された広島は何もない焼け野原だったが、捕虜はそれを「清々しい美しさ」だという。悪い日本に相応しい懲らしめだと。
 そして「広島には三度も原爆を落とすと警告があった。無視した日本人が悪いのだ」と続く。
 東京裁判のオランダ人判事レーリンクは五百年後に宛てたタイムカプセルに入れる広島原爆の記録映画を観た。
 映画では「米国が事前に広島市民に原爆投下を警告したと三度も強調していた。大嘘だ。事前警告はなかった。米国の残虐行為について五百年後の人々を騙すための嘘が封じ込められた」と著書にある。
 米国では一介の小説家もこまめに歴史的嘘を創る。
 この本が日本で大して宣伝されなかったのは今度の大震災にもろ当たったためだ。
 今ヒロシマの嘘はまずいと思ったか。嘘もタイミングが大事のようだ。(p89)