新自由主義は優生学と相性がいい

『なぜ遺伝子組み換え作物に反対なのか』ジャック・テスタール

 訳者あとがき  林昌弘

 テスタールは、経済の自由主義、すなわち新自由主義を徹底批判していることでもよく知られている。彼によると、新自由主義優生学と相性がよく、科学万能主義とも波長が合うという。
 新自由主義は、自己責任を前提とする「自由な」市場万能主義を指し、自由貿易規制緩和の推進を唱える、民間部門の役割を重視する政治思想である。機会の平等さえ担保されていれば、結果の不公平には、ある程度目をつむる。なぜなら、あらゆる差異こそが経済活動の原動力であると考えるからだ。個人の差異の原因は、社会制度的な要因(教育などの生育環境)によるものというよりも、本人の能力と捉えるのが新自由主義の特徴だ。したがって、所得格差は、能力の格差が反映されたものとなる。つまり、”よい遺伝子”に恵まれた大いに努力する者は社会的富を築くのだから、その人が金銭的に報われるのは当然であると考えるのだ。そしてそのようにして生じた格差が社会の原動力となるのだ。経済学の創始者であるアダム・スミスが一七七六年に出版した『国富論』の中で述べた「われわれの食卓は、パン屋の好意からではなく、パン屋が利益を追求するために成り立つ」という文句が、そうした考えを如実に表わしている。(p95)


 一方、優生学は一八八三年にイギリスのフランシス・ゴルトンが唱えた概念であり、その語源はギリシャ語の「よい種(タネ)」に由来する。すなわち、悪い遺伝子をもつ者を排除し、優良な国民のみを残して繁栄させるという思想である。(p96)