一定の真理

『なぜ遺伝子組み換え作物に反対なのか』ジャック・テスタール

 『いつの時代でも、科学的によくわからないことを信じるのは軽率だ……。反論していた人々の意見にも、一定の真理があるのがこの世の常だ……』

 ジャン・ロスタン〔一八九四年生まれのフランスの生物学者であり作家〕(p03)