注文材生産に最適

『図解これならできる 山を育てる道づくり』大内正伸 田邊由喜男 監修

 作業道があれば、通常の市場に規格品として出回らない材、たとえば「通し柱のスギの長材が欲しい」というような注文にもすぐに応じられる。現場に急行して伐ることができるからだ。
 実際、「七mの通し柱に使える材がどうしても欲しい、値段はいくら高くてもいい」というような注文があったという。最近は五mの通し柱を使って、下をガレージにする、というような建築もあるので、将来的にも注文材の要望の幅は大きい。
 今なら、広葉樹材が不足しており、ケヤキやカシ、ミズメなど有用材の単価が高くなってきている。これらの樹種を特定して山から伐り出すこともできる。市場が近くにあれば、伐り出した材数本でも即換金できる手軽さが、道が入ることで可能になる。(p25)