森林組合の作業効率五〇%アップ

『図解 これならできる山づくり』鋸谷茂 大内正伸

 私がかかわったある森林組合では、見栄えだけの間伐材の林内整理や、次回の間伐で伐倒する木への無駄な枝打ち、根倒れや樹高二m以下の木の雪起こしなどをやめた結果、一〇名いる作業員の年間平均作業量が取り組みから三年後に五〇%以上アップし、森林所有者の実質負担も五〇%以上下げることができた。しかも、間伐周期がこれまでの五年から一〇年に二倍に延びたことで、トータルの作業効率は飛躍的に向上することになった。(p54)