玉の小櫛

源氏物語玉の小櫛 物のあわれ論』本居宣長 山口志義夫 訳

 源氏物語を勧善懲悪や戒律の議論から解き放ち、その本質を「物のあわれ」であると捉えた歴史的評論。その後の日本文学に与えた影響は計り知れない。『紫文要領』の最終稿とされる第一巻、二巻を訳出。源氏物語の入門書としても秀逸。(そで)