ふだんから偽りを言う人

源氏物語玉の小櫛 物のあわれ論』本居宣長 山口志義夫 訳

 玉鬘(たまかづら)の君の言葉である。「ふだんから偽りをよく言い慣れた人は、自らの習慣から人が言った事をも様々に凝って、『偽りであろう』と推測するのでしょう」というのである。(p47)