不寝番

『決定版 三島由紀夫全集40』

 二・二六将校と全学連学生との断絶  堤清二

 三島 二・二六の栗原中尉というのは、火薬庫を守るのに将校が不寝番をやるんですが、栗原中尉だけは、いねむりしたところを見たことがない。なぜだろうというと、従兵が言うには、いつも下着に血がついている、ナイフで突っついていたからというんです。(p589)