運命

『決定版 三島由紀夫全集40』

 二・二六将校と全学連学生との断絶  堤清二

 三島 どうして運命を自分で背負わないんですかね。運命はどんな時代だってあるでしょう。背負わない人は嫌いなんです。(p590)