2018-12-14から1日間の記事一覧

第一報はアメリカ人記者

『南京事件 増補版』秦郁彦 ダーディン記者の第一報 「南京における大残虐行為と蛮行によって、日本軍は南京の中国市民および外国人から尊敬と信頼を受けるわずかな機会を失ってしまった……」 とニューヨーク・タイムスの若い記者ティルマン・ダーディン(F. T…

全て米国にたどりつく

『渡部昇一の世界史最終講義』渡部昇一 髙山正之 髙山 さらに第二次上海事変に続く南京攻略では、米国の宣教師ベイツやマギーが「日本軍が大虐殺をした」と語り、ニューヨーク・タイムズのダーディン、シカゴ・デイリーニューズのスティールといった特派員が…

原因不明の不思議な事件

『台湾人元志願兵と大東亜戦争』鄭春河 日本が蔣介石と戦ひ国力を消耗することは、米ソ共通の利益であり、両国とも表になり裏になつて国民政府を支援した。何も蔣介石が勝たなくてもいい、抗戦さへ続けてくれれば、それだけ日本の国力が減耗する。血を流すの…