2018-12-05から1日間の記事一覧

第三帝国

『世俗宗教としてのナチズム』小岸昭 博覧強記をもって知られるドイツの哲学者でヒトラーの同時代者エルンスト・ブロッホは、次のようにその起源にまつわる問題に蘊蓄を傾けている。 「ナチどもは、第三帝国という用語を――これは忘れてはならないことだが――…

鉤十字

『世俗宗教としてのナチズム』小岸昭 ところでこの鉤十字は、一説によれば、チベットがドイツに向けて少人数の義勇軍を派遣して以来、チベット仏教の神秘的な流入とともにドイツでも知られるようになったという。(p50)