2018-08-14から1日間の記事一覧

新自由主義は優生学と相性がいい

『なぜ遺伝子組み換え作物に反対なのか』ジャック・テスタール 訳者あとがき 林昌弘 テスタールは、経済の自由主義、すなわち新自由主義を徹底批判していることでもよく知られている。彼によると、新自由主義は優生学と相性がよく、科学万能主義とも波長が合…

科学に対する批判

『なぜ遺伝子組み換え作物に反対なのか』ジャック・テスタール 訳者あとがき 林昌弘 本書は、フランスで二〇一二年十二月に出版された”À qui profitent les OGM?”の全訳である。タイトルを直訳すると、『GMOは、誰の利益になるのか』となる。このタイトルに…

不適切な審査

『なぜ遺伝子組み換え作物に反対なのか』ジャック・テスタール 本書は、公の定説を覆した研究チームに対する卑怯で熾烈な攻撃を紹介した。それは二〇一二年九月に起こった「セラリーニ事件」である。テクノサイエンスを推進する一部の責任者の理性を欠いたこ…

一万五〇〇〇人のロビイスト

『なぜ遺伝子組み換え作物に反対なのか』ジャック・テスタール さらに、ブリュッセルに駐在する少なくとも一万五〇〇〇人のロビイストが、産業界に有利な政治的および技術的な決定を下すように働きかけている。われわれの審査システムが公益を担保するための…