2018-07-18から1日間の記事一覧

山村に新しい雇用が生まれる

『図解これならできる 山を育てる道づくり』大内正伸 田邊由喜男 監修 四万十式作業道の周辺と伐採集材に関わる人たちを見ていると、若い人や女性が増えていることに驚かされる。四万十町の現場では、若い女性二人のチームがグラップルと林内作業車を使って…

林家のアイデアを活かせる山に

『図解これならできる 山を育てる道づくり』大内正伸 田邊由喜男 監修 つまり山主、林家のアイデアが今以上にもっと生きる経営に変えていくことができる、ということだ。 四万十式のレイアウトについては第3、第4章で詳しく見ていくが、作業道は作業区分の境…

注文材生産に最適

『図解これならできる 山を育てる道づくり』大内正伸 田邊由喜男 監修 作業道があれば、通常の市場に規格品として出回らない材、たとえば「通し柱のスギの長材が欲しい」というような注文にもすぐに応じられる。現場に急行して伐ることができるからだ。 実際…

あらゆる施業に対応可能

『図解これならできる 山を育てる道づくり』大内正伸 田邊由喜男 監修 そもそも「間伐」という語は、将来の「主伐(皆伐)」に対する準備施業という意味をもつ。ところが今、拡大造林時に大量に植えられ育った人工林は、成熟期の「主伐」の時期を迎えつつある…