2018-07-06から1日間の記事一覧

これがスギ花粉を飛ばさない森だ

『花粉症は環境問題である』奥野修司 スギを植えても採算がとれないのなら、有用材としての用途はあきらめ、伐採したあとに土地本来の樹種を植えてはどうか、という意見がある。植物の遷移を考慮すると、なるほどと納得させられる。…… それより、ぼくは、ス…

気候

『花粉症は環境問題である』奥野修司 しかし、日本の林業のコスト高の理由として、機械化できないこと以上に大きいのは気候だといわれる。その理由を、森林総合研究所の石塚森吉氏はこう述べている。 「……ヨーロッパでは下草も非常に単純で、日本のようにサ…

大型機械

『花粉症は環境問題である』奥野修司 数年前だが、大型トラクターに木をつかむアームとハサミのようなものがついた機械が、まるで畑のダイコンを収穫するように木を伐り出している映像を見たことがある。急峻な日本の地形ではこんなまねできないだろう。(p1…

スギ材1本3900円

『花粉症は環境問題である』奥野修司 日本の林業は崩壊寸前といわれる。安い外国産木材に押されて、林業として成り立たないからだ。 最近もニュースで流れたが、樹齢40年ほどのスギを伐り出しても1本3900円にしかならないという。これを道路まで出すのに人件…

スギの産出額

『花粉症は環境問題である』奥野修司 「平成17年度森林・林業白書」によれば、二〇〇四年(平成一六年)の林業産出額は4374億円となっている。これは木材のほかに、キノコ類や薪炭の生産額も含んだ金額だ。 このうち「木材生産額」は2205億円で、この中からス…