2018-07-04から1日間の記事一覧

輸入自由化の罪

『花粉症は環境問題である』奥野修司 「拡大造林」がはじまって数年後、政府は木材の輸入自由化に踏み切る。そして一九六四年には完全自由化が実施されるのである。 当然というべきか、安い外国材がどんどん輸入され、木材の値段は下がる一方で、またたく間…

ディーゼル排気微粒子(DEP)

『花粉症は環境問題である』奥野修司 都市部に花粉症患者が多い理由も、こんな説明ができる。 都市部の花粉には、DEPが付着した花粉がよく見られる。 道路などに落ちた花粉がタイヤに轢かれて壊れ、ビル風などでふたたび舞い上がるのはごく自然だ。花粉の中…

個人差

『花粉症は環境問題である』奥野修司 「しかし博士、同じように花粉を吸っていながら、となりの人が花粉症にならないのはどうしてですか」 「う~ん、むずかしい質問だな。いろんな説がある。免疫とは、体内に入った異物を処理するシステムのことだが、異物…

花粉を飛散させる樹齢

『花粉症は環境問題である』奥野修司 「スギの木は樹齢20年から30年になると、毎年花粉を飛散させるようになるんだ。もっともたくさん花粉をつけるのは樹齢30年頃からだといわれている。戦後、復興のために山の木が伐り倒されて、全国レベルでスギの植樹が行…

花粉の中のたんぱく質

『花粉症は環境問題である』奥野修司 医学的に困ったことがあれば、ぼくは近所で開業している博士をたずねることにしている。仮に苦沙弥博士としておく。ぼくはさっそく苦沙弥博士にたずねた。 博士はにやにやしながら言う。 「花粉そのものが肥満細胞に運ば…

花粉は土の上に落ちたら分解されていく

『花粉症は環境問題である』奥野修司 昔は花粉用のマスクといえば、ガーゼマスク一本だった。その後、不織布のマスクが市販されると、密着性を高くするために立体型マスクなども登場し、さまざまな種類が販売されるようになった。 顕微鏡で見るとよくわかる…