2018-06-10から1日間の記事一覧

代替エネルギー利用の誤り

『自然農にいのち宿りて』川口由一 化石燃料の石油があと四十年くらい、石炭は百五十年くらい、天然ガスは六十年くらい、ウランは八十年から九十年くらい、新しく開発されたシェールガス、シェール石油とて百年余りでなくなるだろうといわれています。過去に…

自然が与えてくれる量

『自然農にいのち宿りて』川口由一 自然が与えてくれる量以上に増やすことはできません。自然が与えてくれる量が最適最善であり、最も多くの人を養うことができます。自然に添いいのちに応じる最善の技術を身につけてもたらされるもの以上にさらに増やそうと…

草を見事に刈り、虫を見事に殺す

『自然農にいのち宿りて』川口由一 例えば、秋の初めや春先、キャベツが青虫に葉っぱを食べられて網のごとくになっていくことがあります。そのような場合は折々に青虫を捕殺します。ところで食べられて網のごとくになった場合、そのまま放っておくと、キャベ…

食べられる草

『自然農にいのち宿りて』川口由一 お米も草、ヒエも草、キャベツも草、大根も草。そして、食べられる草と食べられない草の別があり、食べることのできる草を栽培します。お米よりも強い草、あるいは群がってその場を占領する草の場合は、お米が負けてしまい…

草や虫を敵にしない

『自然農にいのち宿りて』川口由一 地力において、環境において、虫との関係において、乾燥具合や湿り具合において、土を流出させないことにおいて、土を豊かにするにおいて、草は必要であり欠かすことはできません。草は敵では決してありません。その上で栽…